Don't Stop the Music

今日は君を帰さない この時間から君がいなくなるなんて 今は考えられないよ 一目見たときに 僕にあった導火線に火がついた ジリジリ夏の日差しみたいに 火照る感じは僕だけ? ミラーボールみたいにキラキラ 君は笑うから このまま夜よ明けないでって 指先が…

肉体関係〜飽食時代

買い物で好きなものをドバーッと買ってその後ドカ食いしてその味に飽きて食べなくなる 人なんてそんなもので 新しい商品がでたらまた味見してみたり 食べ飽きたものでも人が食べているのをみると自分も食べたくなる 愛とは時代と同じで移り変わって どんどん…

なんで絵描いてたんだっけ

ブルーピリオドっていう漫画読んで、なんで絵描いてたんだろって、思わせられた。 私、なんで絵描きはじめたんだっけ? 私は物凄く自分に嘘つきで不器用な人間だ。 人よりとてもよく物事を細かく見過ぎてしまいがちだ。 人に向ける人格を内面から湧き出るも…

内緒の話だけど

話したいけど絶対話せないことだからここにこっそり書くけどね、 ‪昔からずっーとあった癖がどういう理由だったのかと今更、気がついた! 私は、元々人に感情を読まれるのがとても気恥ずかしいところが実はあって無意識に焦るところ人にみられたくないが故に…

忘却はいつもすぐ側で

‪1番大切なことを1番忘れてしまう 身近な真実を忘れてしまう‬ ‪頭の上にかけっぱなしの眼鏡のように‬‪ないないといって本当はすぐそこにあるのに‬

明るい絶望

明るい絶望って言葉が似合う時代だからこそ、強い感情の中の脆さを今後の私はテーマにしていきたいと思う。一見硬そうにみえるけど、あっという間に粉々に砕ける氷砂糖のようなそんな透明かつひどく曇った感じ。

御神籤

冷静な頭を置いて肉体は 貴方とくちびるを重ねていたんだ キスなんてしてしまう前の緊張感が とびきりであとは惰性だ 他人に興味をもつふりができる それが空気を読めだとかくだらない社会性になって 君はなんて素敵なんだって お互いパッとしないくせに 演…

運命を馬鹿みたいに信じて馬鹿みたいに木っ端微塵

衝撃的な 私にとって衝撃的な そしてその人も私に衝撃的であって欲しい そんなことずっとずっとずっと思って生きてきた 特別な恋愛はある たぶん人よりもあるのかも 劇的でドラマチックで本当馬鹿みたいに惹かれあっちゃってとか でもそれって長くは続かない…

ピリオド

‪今時は消費のスピードが瞬きをした瞬間に変わる‬。‪呼吸をつく暇がない‬。‪個性もそうだ‬。‪全てが陳腐で飽和してることをみんな知ってる上で、新しい感化を求めてる‬。‪人は楽を求めるけど、苦労して得るものの方が価値が高いと判断する‬。‪過程が大切で完…

人は常に対である

人を愛するということは人をもって自己を愛する行為でもある。生まれ持った性格を分質的に考えると歯車のカタチにあうかあわないか。噛み合っても磨耗して、噛み合わなくもなる。ただそれでも一緒にまわりあうことができるか。人は常に対である。

星と人の成分は同じなんだってこと

‪愛に関わればもう孤高には戻れない。その愛より強くなるか、弱くなるかだ。‬ ‪自分にとって制作の始まりは、他者とのコミュニケーションがとれない、言語の代わりの創作が始まりで人とかかわるためのものだった。‬ 今じゃコミュニケーションも前より円滑に…

無音、闇の時間、長い夜と自分とのタイムラグを修正する

心はねじ式の時計のようなもので、毎日の日常からいつのまにかズレ始める。 それを手動で丁寧に今の状況と心を結びつけネジを回してあげる。 自分の心は自分で思っている以上に手がかかる。 「ここらで一度、落ち着きましょう。」 最近はとても早く関わる人…

毎日、一度死んで生まれ変わっている。

無条件に愛される人はいないし、欲しいものに対してなげやりになってるくせにあわよくばとすけべ心があれば余計遠ざかる。あと、環境や人のせいにしがちな人も自分に余裕がなければ幸福が訪れても気がつかない。 足元を雑に踏みつけていれば、芽がでるものも…

愛の傘

まだ愛してるなんて言い続けているのか? 相手が変わってもどうせ ヤること変わらないのに 期待してる 今度こそは愛されるはずだって 言葉遊びにも飽きたよね そろそろ他のナニか待ちわびてる その先に何にもないって わかってるんでしょう? そういう顔して…

消耗品

暗くなるのが早くなった 季節がせっせと移り変わりように 私も何が変わっただろうか 知りうる人達もそれぞれのスピードでどこかに向かっている 歌を歌って たまに泣いて 恐る恐る人を愛してみたり くだらないことを何度も繰り返して 大切なものがたくさんあ…

死人に花束を

呼吸が引き攣る これ以上とりつくるのは無理だ 平然を装いすぎて 本当の自分の 生々しい感情がすり潰されてしまって 前がみえない いつの間にこんな自分を騙すのが上手くなったのか 普通に生きていけない 自分で自分を静かに殺し続けている いつ死んだ 何回…

自分のことくらい好きにさせておやりよ

本来自由で在るべき自分を無意識に何々用の自分を意識して整えようとしてたけど、それが日常をつまらなくする原因だ!

言葉を贈くる

嫌いだとはよく言われる 好きだなんて言われたことない 人を平気で傷つけるくせに 人を簡単には愛せない 大体はそう みんな傷つくのが怖いから 相手に石を投げて様子を伺う 怯えながら それだけ傷ついてもその人が 笑っていれば平気だとか 許されたとか思う …

悲しくて笑う

話をしても 会話になっていない その澱んだ瞳にはぽっかりと 空虚な穴が 叫ぶ声ももたず 声にならないこえ いつからなくしてしまったのか 飾りとなった顔は 血の気がなく 引き攣ってる 心の底から笑えや 歌え お前はまだ生きてる I know I 脳 感覚取り戻せ …

僕たちは人を愛することにとっくの昔に飽きてしまったのだ

誰もが愛し合いされたいと願っていて、その一方で誰からも私は愛されたことがないと嘆く。 どんなにたくさん恋愛を重ねていても、誰とも付き合ったことがない人も同じことを思って生きている。 夫婦になった人達をみると親しい友達というような間柄が多い。 …

Reloded

恋人を失うたびに この結末はそう決まっていたと なるべく自分の心を傷つけないように 言い聞かせてきた 恋人が変わるたびに私も変わっていく もう今では好きでもなくなんとも思っていないのに未だに夢にでてくる人もいる 恋愛が全てではないはずだけど 思い…

これが世界だ

感動的な瞬間は瞬きと共に消え去ってしまうし奇跡だとか本当におこって欲しいときにちっとも起こらなくて世界にガッカリし続けているそれでも愛ならなんとかしてくれるじゃないかって愛を信じるのだけど結局裏切られるでもさそれでも世界を見上げるとひたす…

代謝

幸せの負荷や不幸せの負荷それは筋肉と脂肪のような関係だ

磁場

人を狂わす人がいるそれは善し悪しではなく磁場のようなもので乱すだけ乱すのみ

snow white

あなたの為にだけに鈍感になってなんで気がつかないんだよって震える悲しい声で言われたい私はあなたの愛情なんてまるで忘れているようにどこか遠いところを見つめていたい集中線や軸が全て心臓に交差していてもその痛みがわからないでいたいもう二度と夢中…

男と女

あなたの知ってることは私の知ってること私の知ってることはあなたの知らないこと

花と風と口づけ

世界と間逆に進むどうせもう私の心は戻ってこないのだから君の好きそうなものがわかってしまうのが悲しい君に繋がるものはもういらないのに花は枯れたらまた咲く女はどうなのだろうか動植物のように人は生きていけない考えるから無駄なことをする気ままにキ…

音階

膜のような氷の上は鏡の様に私と世界を映し出しているそれを踏みつけると鼓膜を擽るような音で全てが心地よく歪んだ空がどんどん離れて暗く深い美しいコバルトブルーに落ちて身体は振動し鼓動は次第に速度を落としていく人は人を狂わす自分を持て余しその刃…

rain song

山道を歩き雨に沈み落ちていく肺を膨らます空気は冷たく澄んでいる 生き辛さを荷下ろすように腰掛ける岩の上苔のように静かに蝕む愛ならば蹴り散らす欲望 鈍痛が響く肋骨の奥ここまでくるのに何度溜息が溢れたのか 土の中に眠るあなたよ最後の口付けをしよう

睡眠薬

睡眠薬を飲む飲むこくりこくりと、睡眠薬に飲まれてるくらくらりと、あなたに盲目になれなかったジャンキーな私はもう麻痺してるのよ狂ったセックスも朧げな愛の駆け引きも何も感じなくなってしまった愛も恋も有り余るケイゾクが私を引き留めるけど喉元過ぎ…

触れることさえ躊躇うような

嘘つきそれはとても寂しいこと誰も終わりを想像して行動を起こせない好奇心に押されそのまま倒れこむそしてああ違うと勝手に納得して終わらせるのだ恥を忘れた人は人でなく人間の形をした何かであるそれを忘れた口付けはえらく渇いた味気のないものだ素肌の…

影踏み

すべてが無常に感じられる本当の感情は表面を雨粒のように滑り落ちていくだけ普通を装っていても隅っこに追いやられる目に見えない世界がほくそ笑む勘違いでないのだから私に色をつけようとなんてしないで激しく叩かれる鍵盤の音が壊れてもなおそのままで美…

これはきっと

治らない憂鬱愛とかなんとかくだらないのだけど大切なことってあるだいたいいつもこの人生の大方を締めるのはそのことで、その度にてんやわんやしてどんどん疲れてくるのだ恋愛に向いてないのかもしれないもしかしたら恋人に愛される才能がないと思っていた…

溜息の行方

あなたの口付けは私を惑わすあなたの微笑みは私を照らすあなたの愛撫は私を火照らすそんなに誘惑しないでそんなことをされたらわからなくなってしまうから踏み切りの向こう側に行きたいのあなたはどなた?私は自動販売機の前ぼんやり照らされている迎えにき…

信頼

人は信頼するとそこから何故か逃れたくなるものだ。信頼という言葉が人には重すぎる。そもそも、信頼という言葉は信頼する側の自己満足に過ぎなく勝手に相手に期待をしている状態だ。悲しいことに人間とは不完全で形のないものだ。形のないものを形のないも…

夢でばかり

夢でばかりあなたと会う夢の中のあなたは私の理想のシチュエーションを用意してくる例えばそれは薄暗い飲み屋で友人達と偶然にきていて私をみつける昔の話をしながら私のことをちゃんと認めてくれて自然に抱き合って涙をただ流しあって最後は笑いあうような…

砕けてしまう

それは砕けてしまう目線をやる前にそれは逃げてしまう追えば追う程にそれはなくなってしまう息もつけぬくらい裸足でも靴のままでも上がってくればいいそしてあなたの瞳で確かめたらいいそれはあなたの意思のままにそれはあなたに求めたがっている臆病で強欲…

愛の装置

忘れられない昔の彼女は彼の記憶の中でいつまでたっても死なないし何度だって蘇るのでそれに私は太刀打ちなんてできない男の人は別名保存というけれどそのデータごとクラッシュしてしまえばいいのに大人の恋はいつも後味に苦味があるそんな恋より私は歯が痛…

lust kiss

冷たい風が熱されていき花々は極彩色私の余白はない人が立ち去る時の美しさあなたの残した痺れが尾を引きそれに身震いする私の身体はとても単純で愛らしいあなたは私をそんな風に思い出すことはあるのだろうか荒々しく迫り来る夜に独りは苦痛でまたふらりと…

在るものと無いもの

ずっと冷蔵庫の奥に置いてあるものみたいに忘れられてもうそれが何かわからなくなってしまったものとずっと部屋に置いてある気がしていたのになくなってしまった何かそうゆうものに似ている感情が私にはある

Not Found

私のいない人生があなたにとって最良ならここから立ち去ろう私の肉や血や体液がいくらあなたを求めようとも私はもうあなたの為に微笑むことはできないあなたの声や感情やその肌がもう届かない遠くにいってしまったのを私は知ってしまった手を繋いでいたはず…

失踪日和

周りに1度失踪してそれが今にいたるという人が割といる。そういう人はよっぽど嫌だったり、なにか強い主張があって飛び出してきた人ばかりだ。フラッといなくなってしまう人に憧れを持っていたけども、フラッと消えるのもは実際はかなり強いなにかしらの気持…

幸せは子猫の足音

幸せは子猫の足音って乙一の小説にあるのだけど、本当にそれは素敵なお話だった気がする。幸せの残像や残り香みたいな。昨日、私の中でとてもとても大切だったけどどうしてもうまくいかなかったものを失った。今のもポッカリと穴が空いている。思い返すと本…

ナイスですね!

http://withnews.jp/article/f0141001001qq000000000000000W0110401qq000010889Aきゃー!かっこいい‼︎

emotional kiss

場慣れたした彼女は不敵な笑みを浮かべバックライトを浴びながら無敵になる素敵な夜は闇が濃いハイライトで飛んでしまうその閃光で貫いて本当の僕はここにおいていくよ何にも意味を持たない渇いたkissの後には無色透明の水を飲もう明日にどれだけ価値がある…

衝突

私もあなたも十代ならば肉体で縛りあえるだろう悦びだけ貪るようにそれを愛と名付け互いの性器を自慰しあえた私たちはいつの間にか若さを失って本当の孤独を知ることになる本当の孤独はひどく歪んで腫れていく下手な優しさでもかければそれは殺しにかかって…

疲労が溜まっている

最近。疲労が溜まっている。疲労感を感じる。歳を取ると肉体がどんどん錆びれていくのがわかるから、ちゃんとケアしてあげなくてはねぇ。身体は自分のこどもみたいやな。

吸血鬼

http://www.dazeddigital.com/artsandculture/article/22216/1/the-da-zed-guide-to-jesus-franco

セシルブルー

言いたいことを忘れたふりしては 心の内に溜め込んで くだらないやりとりにがっかりして それでも笑顔を忘れない私は もうすぐ25歳 明くる日に何を想おうか なんとなく日々の色んなことが怖いけど 人に救われて生きてる されるがままにされないように 寄せて…

果実のきず

夏の終わりを知らせる雨に私は心の何かを押し流された桃の表皮を爪で傷つける柔らかな果肉から零れ落ちる果汁人の身体にはたくさんの傷があってそれは内側にやがて隠れてしまう目に見えているものが世界ではなく心の奥底に本当の世界が広がっている