rain song

山道を歩き雨に沈み落ちていく

肺を膨らます空気は冷たく澄んでいる 

生き辛さを荷下ろすように
腰掛ける岩の上

苔のように静かに蝕む愛ならば

蹴り散らす欲望 
鈍痛が響く肋骨の奥

ここまでくるのに何度溜息が溢れたのか 

土の中に眠るあなたよ

最後の口付けをしよう