文字が私を救う

人よりも過剰に情報を受け取りがちな自分にたまにとても疲れる。

 

私は職業柄もあるから私の思っている範囲でその場にいる全ての人の状況や様子、席の座った組み合わせの相性、会話のバランス、流れとかあらゆる事が常に気になり、なにも考えていないようでとても気を使ってしまう。

 

元々、人に自分が本当に考えている自分の気持ちを話すのが苦手だし、理解されるのも怖いというかなんか不慣れだ。

結局は自分の好きな人には理解されたいがそうではない人に、わかったような顔をされるのが不愉快な部分も大きい。

 

私は異常な程、神経質で細かい。

 

でも、人にはそういう自分を極力出したくないと常々思っているし、ベースはマイペースだと思う。

ただ穏やかでありたいと願いながら、心の内にはかなり激しい感情がある。

小さい頃から内なる自分の猛烈にヒステリックな部分を抑え込み、意識して生きてきた。

 

人の好き嫌いは激しいけど、組み合わせや話の方向性、お酒が入ってるか否か、その人のその日のコンディションでどんな人でも悪い部分と良い部分のバランスが変わるのを知っているし、

受け取り側の私のコンディションも大きいから人付き合いは長い目でなんでも考えようとしている。

 

あらゆることに対して、その先の行く末を自分なりに感じとりながら、じっくり耐え抜いて自分の道を構築しているが、それの判断は非常に難しい。

最後に勝つ算段で事の現状を話すとすぐに手段を問わず流れも気にせず辞めろと言われる事も多い。

そこの判断は非常に難しい。

 

自分の中では、見切りは早いつもりでいる。

ただ、始まりと終わりがあるように唐突に強制的に終わらせるやり方とはどうなのだろうか。

人の生き様は物語のように整ってもいなく歪なのはよく理解している。

ただその状況の解決法や終わらせ方に自分というものが存在するような気もする。

衝動的な部分もたまにでてくるときもあるが、物事に対して動物的な対処や人間的な対処、仏の域や自分の意思とは関係ない流れもあるが私はなるべくそれを意識の片隅においておきたい。

 

コントロールできないものをコントロールしようとしていて、結局打ちのめされているだけかも。

 

私の周りには強烈なキャラクターの人が多いのでそれになれ過ぎるとミイラ取りがミイラになる。

私はこの世界での常識といわれる無闇に人を傷つけることなく、お互いに気持ちよく不公平な世の中でもそのルールをもってなるべく公平にしようとするおもやりを大切にしている。

我とわがままを勘違いせず、わきまえるところは必要だ。

 

私はTVで他人はリモコンで世界が見ている。

私はその人のみたい番組(私を映し)

、私も同時にリモコンでもある。

 

自分を愛している自分がいて、そこで最大に愛情があるのにそれを他人が超えられるのか。
恋愛とは1:1でなく、2:2だと思う。
自分と自分を愛する自分、相手と相手を愛する相手。
自分を愛する自分と相手が相手を愛する相手が合わないと歩幅がばらつきやがてつまずいてしまう。

 

人とはレイヤーで可視化できない人格がそれぞれあるからそれを探ろうとすること自体が無謀だし疲れるそもそもの原因なのかもな。

 

 

悲しい夢

付き合っている人がひどいことをしてくると昔付き合ってた人がかわりに夢に出てくる

 

その付き合ってた人は優しくなくて

いつも私はたくさん傷ついてた

この人が私に向かって笑いかけてくれたらなとか手を握ってくれされすれば私は幸せなのにっていつも思っていた

だけど彼から発する言葉は私を傷つける言葉ばかりであったし、彼から私を優しく撫でたり手を差し伸べてくれることはなかった

ある意味大きな心の傷跡で

ずっと深くまだ傷ついている

 

決まって、夢の中いつものように悪態をつく彼に傷ついてなかば諦めていたら、何かのきっかけで突然私の手を引き笑いかけて今までごめんねと言ってきて、私はとっても安心して幸せな気持ちになる

 

そしたら雨がふり雷もなって激しい雨になり、そのまま駆けていく

でも彼のことが心配で見上げて体調は大丈夫かときく

そうすると彼は白い子猫になったから、私は抱き上げて服の中にいれて温めながら一人雷雨の中、雨宿りできるところに走る

その時の白い子猫は満足そうで暖かそうだった

お互い初めて心が通ったような気がした

途中、目の前で雷が落ちて人が死んでいてなぜか黒い猫も倒れていた

 

そうして研究室みたいなところに避難したら、

君たちは本当はあいしあっているのだけど傷つけあうようにできていて、

その度に今度は体に傷を残しておいてあげよう 

そうすればお互いに生まれ変わってもその傷でお互いがどんなに傷つけていても愛し合っていたか思い出せるかもしれない

君たちは元々は1人の人間だったんだ

それも忘れないようにと白衣の男がいう

そうして何度も生まれ変わりどんどん2人は傷だらけでボロボロになっていったが愛し合っていることや自分の片割れだったことも忘れていった

 

なんて不憫で悲しい夢のだろうか

マンダリンオレンジ

さよならさ

マンネリ化した日々

虚無が広がる瞳孔

 

君はいまだ現れないで

私は両手を広げ

背からビルの間に倒れ込む

 

約束なんて大した拘束力もないのは

とうに知ってる

 

暇つぶしにするKISS&SEX

本当に食べたいものは

なかなかありつけやしない

 

血の匂いがしない潔癖な街に

血をわざわざ垂れ流しながら

 

君に思いっきり殴られるような

愛が欲しい

 

かわいそうってなんなんだ

本人が望んでるのに

よくわからないな

 

きっと君も私も臆病なんだ

 

睡眠薬でやっと寝付くと

もうなにが私の安心装置かわからない

 

神様と舌を絡ませたい

深緑色の饐えた魂で

もう一度生まれ変わる

 

身体に刃物いれて

私のダメなところ抉り取って

晴天に投げつけて

多種多様とかうざい

 

ひどい男が好きだよ

興味ないように私をおもちゃみたいに扱ってバラバラにして

 

女の欲望なんて死と隣合わせで

ふわっとなんかしてないよ

アイスピックでぶっ刺して

泣きわきめくぐらいの畏怖と愛を

身体に傷をお互いつけあおうよ  

 

私が泣くくらい愛してよ

そのぶん私もあなたのこと殺すいきおいでうけいれるから

 

Forever more

永遠に消えることない青い炎に

焼かれ続け

呼吸もままならぬまま

死ぬことも生きることもできず

愛だけが存在する

 

あなたが吐いた息が大気に混じり

あなたの声がどこかで聴こえているなら

それで私はいい

 

人は脆く崩れ易く

一瞬で気分なんて変わるから

 

命と性と愛の蝋燭が燃え尽きるまで

 

重ねあった肌も明日には

もう新しい細胞に作り変えられてしまうけれど

それでも脳に刻み込まれて

あなたの陽炎が揺らめく

 

人が人を愛することは

信仰と祈りだ

私はあなたを愛しているけど

あなたは私をどう思うかなんてわかりやしない

 

ただ忘れないKissを

胸に抱いて眠る

 

Don't Stop the Music

今日は君を帰さない

この時間から君がいなくなるなんて

今は考えられないよ

 

一目見たときに

僕にあった導火線に火がついた

 

ジリジリ夏の日差しみたいに

火照る感じは僕だけ?

 

ミラーボールみたいに

キラキラ君は笑うから

このまま夜よ明けないでって

 

指先が触れた瞬間消えたりなんか

しないよね

 

そんなファンタジー

バカみたいに恋に落ちちゃって

こんなに人を好きになれる自分がいたのだなんて

 

スモーキーでメロウなフロア

ベビーピンクの口唇

 

お気に入りスニーカーで決めてさ

僕の最終兵器で君をきっと撃ち抜くから

 

今日は君を帰せない

この時間から君がいなくなるなんて

 

肉体関係〜飽食時代

買い物で好きなものをドバーッと買ってその後ドカ食いしてその味に飽きて食べなくなる

 

人なんてそんなもので

 

新しい商品がでたらまた味見してみたり

食べ飽きたものでも人が食べているのをみると自分も食べたくなる

 

愛とは時代と同じで移り変わって

どんどん変わっていってしまう

 

もう10代の恋愛できないし

理由をあれこれ陳列

 

キスなんてし過ぎて飽きたし

セックスだって合いの手で

お互いの身体使ってオナッて

さいなら!

 

だけど、それじゃないって

勝手なあれやこれいうの

 

夜は瞬く間に終わっちゃうし

日が当たれば夢から醒めちゃうし

 

顔が多少違うだけで同じようなことしてるだけだよ

 

恋愛の高鳴りなんて

陳腐過ぎてバカらしいけど

それが一番楽しかったりする

 

それなりにセックスしてきてるくせに

そんなことないよーって嘘ついてみたり

適当でいいのよそんなもの

 

睡眠薬いくら飲んだって追いつけない毎日が憎たらしい

 

振り回さすなら徹底的に手足千切るぐらいぶん回してよ

 

男性性剥き出して私を屈服させてみせて

 

バカみたいな毎日で

私のことぐらいお決まりのパターンのパーティーから連れ出してよ

 

お呼びじゃない男達は既読スルーで

モテてないくせに女にしつこくするなよ

 

好きなら連絡するわ

おばかさんな

 

好きならその分、形で表してよ

 

 

 

なんで絵描いてたんだっけ

ブルーピリオドっていう漫画読んで、なんで絵描いてたんだろって、思わせられた。

 

私、なんで絵描きはじめたんだっけ?

 

私は物凄く自分に嘘つきで不器用な人間だ。

人よりとてもよく物事を細かく見過ぎてしまいがちだ。

人に向ける人格を内面から湧き出るものを押さえつけ、外側からの反応で主に構成している。

蓑虫のような感じだ。

 

本質的な私は世間的に悪い事を悪い事だとまったく思っていないし、素直でなくとても捻くれに捻くれていて打算的だ。

 

人によってオートマティックに性格がどんどん変わるから、自分のことを粘土みたいだなと傍観している。

 

まあ、これが素の自分だと言えばそうだし自分が思っているほどそうではない自分もいるのだろう。

 

初めて素直に描いた絵は恐る恐る描いた。

人に本当に好きなものや思考を誰1人、知られたくないから、絵でその正体が暴かれるのが怖かった。

でも、心のどこかでかけていたもの、湧き出る感情を初めて感じたときだった。

 

人間の日常生活なんて大体決まっている。

だけどそれを切り取って、自分が見えなかった自分をみれる瞬間は本当に生きてることの気まぐれさや、危うさや神秘的なことというのをよく思い出させてくれるのだ。

 

自分がただ生きてると思っていただけで、本当はめちゃくちゃすごいことが目の前で起こっていたんだって思うとき、私の中の何かの存在に気がつく。

 

何十層にもなった自分を変えて、原点の自分が剥き出しになる。

痛くて苦しくて恥ずかしてどうしようもない気持ちの悪い、生まれたての自分。

 

生臭くて汚い部分の自分だ。

 

でも、それでいいんだ。

それを他者にそのままぶつけるのはちと訳が違う。

この感情は言語を超えている。

常識もなにも関係ない私だけのペーストだ。

言動で伝えられない下劣で猥雑ででももっとも原始的なそれを作品にすることで誰か遠くの人にシグナルを送るのだ。

 

ここに私という人間がいて、あなたを待っていたと。

 

互いに存在することが認識されればいい。

私の身体や言葉を吹っ飛ばして、星や月や空気みたいに。